CONCEPT  NEWS  STORE  CCD  CONTACT  ABOUT  MEDIA  My page  
       
Jun 27, 2023 Feb 16, 2024

羽毛布団のマザーグースの魅力や選ぶ際のポイントを解説

数ある羽毛布団の中でも、長い期間飼育をされた親鳥を指す「マザーグース」。

高品質で高級志向の方に好まれるマザーグースには、どのような魅力があるのでしょうか。

また選ぶときは何に注意して選べばよいかも知っておきたいものです。

本記事では、マザーグースの羽毛布団とは、マザーグースの羽毛布団を選ぶ魅力、選ぶときのポイントについてご紹介します。

これから羽毛布団を買おうと思っている方やマザーグース以外の羽毛の種類を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

マザーグースの羽毛布団とは

マザーグースとは、およそ2〜6年ほどの長期間育てられた親鳥のことを指します。

数あるマザーグースの中でも、立派に大きくなおかつ健康的に育ったグースのみが羽毛布団として選ばれる徹底ぶりが特徴です。

選ばれなかったマザーグースは、食用として数ヶ月で出荷することとなります。

マザーグースの羽は他の羽毛に比べると大きく、その分空気を含むことから、保温性・耐久性に優れており、最高級の羽毛布団として使われています。

羽毛布団に使われる羽毛には、アヒルとガチョウの2種類があるものの、ガチョウ(グース)の方が成熟しており羽毛として優れているとされています。

耐久性も高いめ、マザーグースの羽毛布団を買えば、長い間使用できます。

関連記事:羽毛布団のランクはラベルで見分けられる?ラベルごとの品質を解説

そのほかの羽毛の種類

マザーグース以外にも羽毛布団に使用されている羽毛には、いくつか種類があります。

ここからはマザーグース以外の羽毛の種類を4つほどご紹介します。

 

マザーダック

マザーダックは、産卵することを目的とした親鳥の中でもアヒルの羽毛のことを指します。

マザーグース同様、選ばれなかったアヒル(ダック)は、数ヶ月経て食用に移行していくのです。

数年かけて飼育されたマザーダックは、良質な羽毛・ダウンを採取することができます。

マザーダック以外にもダックと呼ばれる種類がありますが、ランク的にはマザーダックが各段に上だといえるでしょう。

グース

グースは、ガチョウから採取できる羽毛です。飼育期間は半年〜1年ほど。

ガチョウは草食なので、雑食のアヒルに比べると臭いが少なく、寝具として扱いやすいといわれています。

ダックよりも良質かつ耐久性も強めです。

羽毛自体は細く、羽毛と羽毛の間が均一に広がっているため、ソフトで質の高い羽が実現しています。

ダックよりもグースの方が体格が大きく、その分羽も大きいので、軽いながらボリューミーで保温性が保たれるのです。

マザーグース・マザーダックよりも価格帯を抑えたいけど、品質も保ちたい方にはおすすめ。

ダック

ダックは、アヒルから採取できる羽毛です。飼育期間は1~3ヶ月ほど。

アヒルは食べるエサが雑食なのでグースに比べると臭いが強めで、ものによっては特有の臭いを放つものもあります。

ダック自体がグースに比べると小柄で、羽も小さく、ボリュームを保つには量で補う必要があります。

そのため量を補うとなると、重さも重くなる傾向にあるのがデメリットといえるでしょう。

これまでご紹介したグース・マザーダックなどに比べると質は落ちるものの、人工的な素材よりかは暖かいです。

関連記事:羽毛布団が臭いときの原因と対処方法を紹介

 

アイダーダック

アイダーダックは、世界最高峰・最高品質といわれる羽毛です。

別名「羽毛の宝石」と呼ばれることもあるほど、希少価値が高く、そして高い機能性を持ち合わせています。

貴重な価値のあるアイダーダックは、羽毛の1本1本がしっかりとしており、保温性・軽さは折り紙つきです。

保温性はさることながら、暖かくなる速さも随一で、パワフルさが最高品質といわれる所以です。

というのもアイダーダックが生息しているアイスランドは極寒の地。卵を守るために羽毛も寒さに対応したものに進化しているのでしょう。

前述したダックやグースは飼育されている鳥から採取するのが一般的ですが、アイダーダックは唯一野鳥の巣から採取しており、アイダーダックの住む地域では特別保護動物に指定されています。

上記の理由もあいまって、簡単に採取できる代物ではなく、1つの巣からおよそ20g程度しか取れません。

だからこそ希少価値もおのずと高くなるのでしょう。

関連記事:羽毛布団の購入前に押さえておきたいグースとダックの違いとは?

 

マザーグースの羽毛布団の魅力

マザーグースの羽毛布団の魅力は主に下記です。

  • 保温性に優れている
  • 弾力がある
  • 長い期間使用できる

 

マザーグースは言わずと知れた高級品で、ダックやグースに比べると価格帯は高い傾向があります。

しかしながら、その分「保温性に優れている」「弾力性がある」「長期間使用できる耐久性がある」といったメリット・魅力もあるのです。

マザーグースはダックやグースに比べると体格のよい親鳥なので、ダウンボールも大きく、空気をかなりの量含むことができます。そのため、含んだ空気のおかげで暖かさを実現。

またハリやコシといった部分でも優れており、一度購入すると少なくとも10年ほどは使用することができます。

高価な代物ではあるものの、コスパといった面でも魅力的な羽毛の種類といえるでしょう。

一口にマザーグースと言っても、かさ高やダウン率によっておよそ5種類に細かくランク分けされています。

そのためより良質な羽毛を使いたいという方は、ランク分けもよく見て決めるのがベストです。

質のよいマザーグースの産地

質の良いマザーグースの産地として有名なのが「ポーランド・ハンガリー」です。

日本ではシェア率は低いものの、それに比べて上記の国では質の良い羽毛を生み出すための取り組みが積極的に行われています。

産地としての歴史も深く、ポーランド・ハンガリー産であれば安心して購入できるといえるでしょう。

上記の国は北半球に位置し、寒い地域なので、羽毛の産地として絶好の場所なのです。

最近ではポーランド・ハンガリー以外にも、ロシアやウクライナなどでも質の良い羽毛が生産されており、こちらの地域も共通して寒さが厳しい地域であるということが挙げられます。

ほかにもポーランドやドイツの羽毛も、保温性やボリューム感が優れているといわれています。

 

ポーランド・ハンガリー産の羽毛を選べば間違いはないものの、親鳥の飼育環境や飼育期間によっても質が大きく変化します。

マザーグース自体が羽毛の中でも良質なものなのでどれを選んでもよいでしょう。

関連記事:羽毛布団のアレルギーの原因と対策

マザーグースの羽毛布団を選ぶ際のポイント

ここからはマザーグースの羽毛布団を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

選ぶときのポイントは大きく分けて2つです。

  • ダウン率
  • ダウンパワー

早速見ていきましょう。

ダウン率

ダウン率とは、羽毛布団に入っているダウンの割合のことです。

マザーグースのダウン率の目安は、93%以上で品質が保証されます。

上記のように目安を記載しているものの、ダウンパワーが多ければダウン率自体は少なくても機能性に問題はありません。

関連記事:羽毛布団のダウン率の表示について

ダウンパワー

ダウンパワーとは、以前はかさ高ともいわれており、ダウンの膨らむ力を示した指標です。

ダウンの暖かさは、ダウンパワーが左右するため、羽毛布団を選ぶうえでは欠かせない数値でしょう。

ダウンパワーの数値が高ければ、その分空気を含むことができ、保温性が高くなります。

またダウンパワーを選ぶときに目安となるのが、日本羽毛製品協同組合が発行しているラベルです。

プレミアムゴールドラベル以上のランクであれば、マザーグースならではの高クオリティな寝心地が実現できます。

とはいえ、ダウンパワーのランクを採用していないメーカーもあるため、注意が必要です。

 

ダウンパワーについて詳しく解説した記事になります。あわせてご覧ください。

高品質な羽毛布団選びに欠かせないダウンパワーとは?

 

高品質のマザーグースの羽毛布団で最高の寝心地を

今回はマザーグースの羽毛布団についてご紹介してきました。

保温性と耐久性の両方を持ち合わせている高品質なマザーグースは、長い飼育期間を経て採取される最高級羽毛布団の一つです。

特有の臭いも少ないものが多く、軽さも折り紙つきです。

いいところばかりのマザーグースですが、高い機能性の分、価格帯が高め。

しかしながら1つ購入すれば最低でも10年ほどは使用できるコスパの良さもメリットと言えるでしょう。

マザーグースの羽毛布団を選ぶときは、ダウン率・ダウンパワー(品質表示のラベル)をチェックすることが大切です。

品質を示すランクは取り入れていないメーカーもあるので、あくまで表示がある場合の目安になることを忘れないようにしてください。

睡眠を共にする羽毛布団で過ごす時間は人生の中でもとても長いです。

だからこそ高くても質の良いものを選び、最高の寝心地を実現してみてください。

 

表参道布団店はサステナビリティをものつくりの本質に置き、世界中から厳選した良質なリサイクル羽毛を使用しており、

RDS Down(新品の羽毛)に関しては動物福祉に関する厳格な要件をクリアした国際認証基準のRDS認証を取得しています。

Flower Down、Clean Cycle Downに関してはリサイクルダウン(リサイクルの羽毛)を利用しています。

国内最高品質に加え洗練されたデザインで室内インテリアとも調和する羽毛布団を探している方は、ぜひ「表参道布団店の商品」をご覧ください。

 

説明

本商品は新品の羽毛(プレミアムマザーグースダウン)を使用しています。リサイクルダウンは使用していません。
表参道布団店は3種類の羽毛を利用しています。

プレミアム RDS Down 冬用本掛け/マザーグース

 

高品質な国産高級羽毛布団なら「表参道布団店。」

 

最新の記事をチェック

この記事を共有しよう。

facebook twitter LINE

監修者

監修者の写真

古賀 貴之

株式会社表参道布団店 代表取締役社長

《略歴》

1978年埼玉県出身。 2001年に寝具会社入社。営業部門でトップセールスマンとして3年間勤務後、2004年大手寝具会社の販売代理店を設立。

2013年若い世代を対象とした透明性の高い布団作りを目指し「表参道布団店。」を設立。「クリーンでサステナブル」をコンセプトに安全で高品質な布団つくりを行う。

《メディア出演実績》

『Casa BRUTUS』に「表参道布団店。」の特集が掲載